社葬で弔電を打つ場合

社葬とは会社の会長や社長など、会社の運営に大きく貢献した人や、勤務中の不慮の事故などにより殉職してしまった社員のためなどに、会社が執り行う葬儀のことを言います。

あまり一般的にこの社葬というのはあまり知られていませんが、会社などに勤めている人であれば一度は経験のあるものかもしれません。

社葬は普通の一般葬と違い、会社が主催して行うものですので個人葬よりも規模が大きくなる場合がほとんどですが、香典や弔電なども普通通り発生するという点ではそこまで大きな違いはありません。

もしあなたが会社の総務などとして働いており、取引先の会社の訃報などを受け取った場合は、まずは喪主の方の名前、そして式が行われる会場の住所などを控え、あなたの会社の社長に弔電を打つべきかどうかを社長や責任者に尋ねてみましょう。

社葬での弔電の打ち方

社長から言われ社葬での弔電を打つことになった場合、まずは宛先は一般の葬儀と同じで喪主とします。

社葬を行う会社から訃報が届いたときに、喪主の方の名前と葬儀責任者として相手の会社の重役の名前が書いてあることがありますが混乱しないようにしましょう。

弔電に打つ文章などは一般のものと違いはありません。
最後に書く差出人にはあなたの会社名一同としておけば問題ないでしょう。

社葬には個人葬とは比べ物にならないくらい大きな葬儀となる場合があります。
そんな大事なものでもありますので、相手に失礼のないよう弔電の打ち方には細心の注意をできるだけ払ってくださいね。



このページの先頭へ