弔電を即日に送りたい場合

訃報などは時を選ばないものでもありますから、ある日突然訃報を聞き葬儀などが当日中に行われることを知ったなんてこともあるかもしれません。

こういったときは早急な対処が必要となってきますから、その日のうちに弔電を送らなければならない場合などもあるでしょう。

弔電サービスでは一番利用者が多いと思われる、NTTではその日の午後7時までに申し込みを済ますことで、即日弔電を配達してくれます。(花など同時に贈りたい場合には正午まで。)

郵便局のレタックスでは前日までに申し込まなければ日にちの指定はできませんので、即日に送りたい場合などにはちょっと難しいかもしれませんね。

その他には、提携先の会場であれば最短120分で届けることのできるe-denpoさんなどもあります。

弔電を送る場合などにはやはりその素早さなども非常に大事になってきますので、ネットや電話で申し込みをできるところがやはり一番素早い対応をしてくれることになるでしょう。



このページの先頭へ