キリスト教の弔電の打ち方

日本で葬儀というとその大半は仏式のものとなりますが、当然人によってはキリスト教式などの違った宗教の形で葬儀を行う場合もあります。

ただでさえ普段接する機会のない弔電なのに、キリスト教式となるとまた頭が混乱してしまうという方も多いかもしれません。

そもそもキリスト教式でも弔電というものは送るものなのでしょうか?

キリスト教の弔電の文例

葬儀がキリスト教式の場合も、葬儀に参列できない場合は弔電は送ることが多くなっているようです。

仏式とキリスト教の大きな違いとして、キリスト教では人の死は終わりではなく、神の元に向かった故人を懐かしむ、そして神に感謝する儀式となっています。

そのため、仏式のようにあまり悲しみを強調するような文章は使われません。

代わりに、「安らかなお眠りをお祈り申し上げます。」のようにむしろ故人を励ますような文面が使われます。

また、供養や成仏、そして冥福のような言葉はキリスト教式では禁句となりますので、これらの言葉を弔電の文面に使用しないように注意しましょう。

弔電のサービスを頼む場合はサービス会社に必ずキリスト教用の弔電の例文も用意されていますので、それらを参考にするのが一番の方法かもしれませんね。

【文例】

神の御許に召されました○○様が、安らかな眠りにつかれますようお祈り申し上げます。



このページの先頭へ