お悔やみの手紙について

葬儀に止むを得ない理由で参列が出来ないという場合に、取り急ぎということでまずは弔電を遺族の方に送りますが、その後一般的には初七日までにお悔やみの手紙を送ることが多くなっています。

香典もこの際に一緒に送ることができますので、葬儀には参列できないけどお香典を送りたいという方はこのお悔やみの手紙を出す際にに同封するのが良いでしょう。

このお悔やみの手紙はやはり手紙で出すということに意義がありますので、代わりに電話やメールで済ませてしまうというのは失礼にあたりますので避けた方がよいです。

またパソコンで文字を打ち込むということもあまり快しとはされないものですので、たとえ自筆に自信がなくてもしっかりと手書きで書くようにしてください。

その際に毛筆などは使用しなくても構いません。

お悔やみの手紙は突然の逝去を知った驚きの気持ちや遺族に対する慰めの気持ち、参列できなかったお詫びの気持ちなどを書くことが多くなっていますが、それでもご多忙な遺族の方を気遣い、必ず短めの文章で書くことがマナーの一つとなっています。

こういった葬儀などに関してはそういった相手を思いやる気持ちというものが一番大事となってきますので、お悔やみの手紙に関してもマナーに関しては気をつけすぎる位の方がちょうど良いと言えるかもしれませんね。



このページの先頭へ