弔電のマナー

弔電はたかが電報とはいえ、葬儀においては弔問に変わるあなた自身に他なりません。

そこには電報なりのしっかりとした礼節、そしてマナーというものも存在します。
かといって、そこまで弔電のマナーというものは堅苦しいものでもありませんので、宛先や宛名の書き方差出人の書き方、そして文章そのものなどにちょっと気を使っておけば問題ないものだと言えるでしょう。

マナーももちろん大事ですが、やはり一番大事なのものは「思いやり」です。

是非弔電を打つときには、送る相手のことを思いやって文章なども考えてみてくださいね。

弔電を送るときのマナー

弔電を送るときは、タイミングとして遺族の家を宛先として、葬儀の前夜までに送ります。

また、宛先を葬儀場などにして、葬儀の当日に届くようにする場合も多くなっているようですので、これらは自分の都合の良い方にして問題ないでしょう。

弔電を送る際の宛名は喪主宛てが基本原則ですが、喪主が誰だか分からない場合は「故○○様ご遺族様」。
もしくは亡くなった方が友人の親族である場合は、友人の宛名でも問題ありません。

差出人の名前を書くときは必ずフルネームで書くようにします。

また、その際に会社名など自分が故人とどのようなつながりがあるかを示すために、自分が所属する団体名などを書いておくと喪主の方も分かりやすいでしょう。

弔電で使用する敬称

弔電では普段使われることのない敬称を相手を呼ぶときに使用します。

これらは普段目にすることがあまりない言葉ですので、ここで是非参考にして覚えておいてください。

【弔電で使われる敬称】

◇父:ご尊父様 お父様 父上様
◇母:ご母堂様 お母様 母上様
◇夫:ご夫君様 ご主人様
◇妻:ご令室 ご令閨様 奥(方)様
◇祖父:ご祖父様
◇祖母:ご祖母様
◇息子:ご子息様 ご令息様
◇娘:ご息女様 ご令嬢様

弔電は連名で?

お香典などを差し出すときには、香典袋に夫婦の連名で差出人を書くことがありますが、弔電の場合はどうなのでしょうか。

弔電の連名に関しては地域によってその意見も二つに分かれるようです。
基本的には弔電でも連名で出すことは何の問題もありませんが、未だに男尊女卑の考えが根強く残っている地域では世帯主の名前だけで弔電は出すということが常識となっているようです。

ですので、もしできるのであれば、その地域の友人や知人に弔電に関して事前に聞いておくのがベストとなるでしょう。

しかし繰り返しにはなりますが、弔電とは言え連名を使うことには何のマナーの問題はありません。

夫婦共に故人と親交が深かった場合は連名で弔電を送ってはいかがでしょうか。



このページの先頭へ