お悔やみはメールで伝えて大丈夫?

お悔やみ メール

訃報の知らせを大人数に送る場合など、一人一人に送ってしまうととてつもない手間になってしまうということからメールで訃報を伝える場合も最近は増えています。

こうしたことは特に珍しいことでもありませんので、特に問題はありません。
しかしそれを返信する側になるとどのような言葉を送るのか、またメールでそのような言葉をかけてしまっても問題ないのかと考えてしまう場合もあると思います。

このメールでのお悔やみの言葉は賛否両論があるのですが、やはりメールで訃報を頂いたのであればメールでとりあえずは返信しても問題ないと思います。

仲の良い人や特別お世話になった方の場合は電話でお悔やみの言葉をかけるというのも一つの手段ですが、みんながみんな電話をかけてしまうと、ただでさえ忙しい相手方にさらに手間を増やしてしまうことにもなりかねません。

これはメールにも同じ事が言えることですので、やはりメールで返信をするにしてもできるだけ簡潔に書いた方がよいでしょう。

葬儀などに弔電を贈ることを考えている場合などには、このメールでの返信をしないというのも一つの手段です。

こうして相手に思いやりを持ちつつ、自分と相手方の関係なども考えて、どれが自分に一番適切なのかを考えると良いのではないでしょうか。



このページの先頭へ