お悔やみの手紙を出す際の便箋とマナー

お悔やみの手紙を出す際にもそれなりのマナーというものがあるので、ここでしっかりと覚えておきましょう。

まず用意する便箋ですが、これは白いものを用意するようにしましょう。

もっと厳しく言えばなるべく罫線がついていないものを用意するのが良いのですが、これはあまり文具店などではあまり見かけませんので、どうしても用意できない場合は罫線の付いているものでも構わないでしょう。

表書きは縦書きで相手の氏名と裏の左下に自分の名前と住所というのは普通の手紙と違いはありません。

しかしお悔やみの手紙の場合は弔事となりますので、薄墨で書くことが一般的ですが、これは場合によっては読みにくいということもあるそうですので、もしどうしても薄墨のものが用意できないと言う場合は普通の黒のサインペンで構いません。

そして最後に貼り付ける切手ですが、郵便局などに行くと弔事用の切手というものが販売されています。

絶対にこの切手を使わなければならないというわけではありませんが、ちょっとしたことでも気を使いたいという方はこういったものを利用するのも良いでしょう。

香典を同封する場合は、この封筒のまま不祝儀袋と一緒に現金書留として郵送するようにしましょう。



このページの先頭へ