弔電辞退への対処

訃報の知らせと同時に、故人もしくはご遺族のご意向により、香典、弔電の辞退の旨を知らされることがあります。

普段こういった辞退のお知らせは葬儀の事後などに訃報を伝えることで辞退することも多いのですが、どうしても事前に故人の死を伝えなければならない場合などには訃報のお知らせと同時に知らせることもあるようです。

家族の死というのは想像以上に遺族にとって心身共に負担が大きいものです。

そういった負担がかかっているときに、弔電や香典のお返しなど、余計なことを考えたくないというのは、ごく自然な考えだとも思います。

故人やその家族に大きくお世話になっている人にとっては、こういった自分の悲しみの気持ちを形で伝えることができないというのは辛いことかもしれませんが、これは何よりも遺族の方の気持ちなので、しっかりと尊重するようにした方が良いでしょう。

ご遺族の気持ちが落ち着いてから手紙を出すなり、後に故人のお墓にお参りに行くなどそういった機会にご自身の感謝と弔辞の気持ちを伝えることがよろしいのではないでしょうか。



このページの先頭へ