お悔やみの言葉や手紙を英語で書く場合の例文

外資系の会社で働いていたり外国人の友人がいる場合、その外国人の親族や知人の訃報を聞くといったことがあるかもしれません。

そういった場合にはやはり人の気持ちとしてお悔やみの言葉をかけたいと思う方も多いと思うのですが、いくら何年も勉強した英語とは言え、お悔やみの言葉を英語で言える人というのも決してそこまで多くはないでしょう。

しかしお悔やみの言葉に限って言えば、日本でも海外でもそこまで多くは語らず自分の哀悼の意を示す、というのが基本となっていますので決まり文句さえしっかりと覚えればそこまで難しい知識は必要ありません。

自分が落ち込んでいるときになどに声を掛けられたり、ちょっとした手紙をもらうというのは日本に限らず海外の人にとっても同じことだと思いますので、いくら言葉が違っているとしても何とかあなたの気持ちをその相手に伝える事ができると良いですね。

【英語でのお悔やみの言葉】

I'm sorry for your loss. Please accept my sincere condolences.

意訳すると、「お悔やみを申し上げます。どうぞ私の哀悼の意を受け入れてください。」

ということになりますね。

ちょっと文章が短すぎる気がしてしまうかもしれませんが、これだけでも十分あなたの気持ちは伝わります。

あとはこれを言葉にする場合には恥ずかしがらずに、しっかりと感情を込めてはっきりと話してあげるようにしましょう。



このページの先頭へ