弔電を出しても葬儀に出席できる?

弔電は基本的には葬儀などにどうしても出席ができない場合などに、自身のお悔やみの言葉を電報に託すということで使用されています。

しかし実際に弔電を出してから、何だかんだで予定が変わり葬儀に出席できるようになったという場合もあるかもしれません。

こういった場合には「弔電を出したにも関わらず葬儀にも出席して良いものか。」と悩む方もいらっしゃるかもしれませんね。

これは実際に私が相談を受けたことでもあります。

弔電の場合、確かに葬儀に参列できない際に利用されることが多くなっていますが、その文面には「葬儀に参列しません。」という言葉は一切なくまた本来そんな意味もありません。

ですので、弔電をすでに出した場合でも急に葬儀などに参列できるようになった場合は、迷うことなく出席すれば良いと思います。

実際に私に相談にこられた方も実際に出席して何かを言われたということは一切なかったようです。

弔電ももちろん自身のお悔やみの言葉を伝えるものとして非常に便利なものですが、それでもやはり面と向かって言われたものの方が遺族の方の心にも響くでしょう。

是非、このような状態になったときもできるのであれば葬儀の方に参列してあげて、遺族の方にお悔やみの言葉をかけてあげてください。



このページの先頭へ