イメージ画像

気持ちを伝える大事な弔電
マナー違反などをしないために。

弔電の意味

知人の葬儀やお通夜などではその場で遺族たちにお悔やみの言葉をかけたりなどして励ますことができます。

しかし仕事や入試、もしくはそれ以外のどうしても外すことの出来ない用事が重なってしまう場合もあるでしょう。

そういったときに自分がその場に行く代わりに自分のお悔やみの言葉をかけて励ますことができるのが弔電という仕組みです。

もしかしたらあなたは「言葉なんていくらもらっても…。」と思うかもしれません。
しかし、人間どんな小さなことでも、「気にかけられている」という事実がうれしいものです。

葬儀などは出席するのが一番好ましいのでしょうが、「相手に気を使わせたくない」「どうしても出席ができない」などの理由がある場合は是非弔電というものの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

弔電は突然に

写真

人の死は時として突然とやってくるため、当然弔電などの準備などは前もってすることができません。
むしろ準備すること自体が不吉なことと言えるかもしれません。

弔電は葬儀後ではなく、葬儀に間に合うように送らなければならないものですので、どうしても迅速な対応が必要になってきます。

弔電の送り方や打ち方自体は決して難しいことではないので、いつ何があったときにも対応できるように、軽い弔電の打ち方の流れは覚えておいて損ではないでしょう。

その後は弔電の文例などを参考に、しっかりマナーを守りながら残された遺族のためにあなたの精一杯の愛情でお悔やみの言葉を贈ってあげてください。

弔電の打ち方

弔電は電話で申し込む場合は「115」をダイヤルすることで申し込むことができます。

電話をかけるとオペレーターの方が指示をしてくれるので、その指示に従って申し込みを済ませてください。

電話で弔電の申し込みをする場合は事前にしっかりと宛名とお悔やみの言葉を考えておきましょう。

電話での弔電の申し込みの他にもインターネットで申し込むこともできます。

【弔電のインターネットでの申し込み】
●NTT東日本:http://www.ntt-east.co.jp/dmail/

●NTT西日本:http://dmail.denpo-west.ne.jp/

このページの先頭へ